いざという時のための保険

自転車保険とは

自転車保険は価格と賠償額で選ぶ必要があります。最近では月額で数百円で加入可能な保険が人気が高い傾向にあります。

女性

近年、自転車は通勤や通学に利用する人たちが増えてきました。健康やエコの、目的としても乗られているため、多くの人が利用し活用しています。しかし、それに伴い自転車の事故も年々増えてきているのも事実です。自転車の事故であった場合でも、相手を重篤な怪我を追わせた場合や死亡させた場合には賠償金の支払いを命令されます。その賠償金もかなりの高額に近年はなってきています。もちろん人を死亡させてしまった場合は、1億円以上の支払いもある可能性があります。その背景から、自転車保険という保険が多く出回ってきました。

自転車保険とは、自動車の保険である任意保険であると例えるとわかりやすい人も多いかもしれません。自転車で事故を起こしてしまった場合万が一、支払いが発生した場合にお金を支払ってくれる民間の保険会社の1つです。年々、自転車の利用者は数をましておりそれに伴い自転車の事故も増えてきています。軽いけがとかであれば、自転車保険と一緒に付いている示談サービスを使うことで、交渉のプロが安全に仲介してくれるため安心です。しかし、自転車もぶつかりかたやそれなりのスピードで相手に当たれば小さい怪我ですまない場合もあります。ましてや死亡させてしまう可能性も非常に高いです。実際に死亡事故も年々増加してるのが現状です。加えて、自転車の交通ルールは出来て日が浅くまだまだ浸透していません。そのことから、自転車もルール違反で事故を起こした場合賠償金も非常に高くなってしまいます。ルールを把握することも大事ではありますが、万が一なにか起きてしまった場合のために自転車保険は加入しておく必要があると言えます。

自転車保険の必要性

説明を聞く夫婦

東日本大震災が拍車をかけて、移動手段として自転車が多く利用されるようになりました。利用が多くなった分事故も増えてきています。自分が加害者となった場合賠償金を払う手助けとなるものが自転車保険となります。

» 詳細はこちら

自転車保険の選び方

手を差し伸べる

自転車事故は、小さな怪我でも数百万程度の賠償金を支払う可能性があります。重篤または死亡事故に慣れば数千万から一億円を超えるものも出てきます。自動車保険を選ぶ際は補償限度額を確認しておく必要があります。

» 詳細はこちら

保険のオプション

3人

自転車保険は、賠償金の補償をするだけではなくそれに伴い発生する交渉などを本人の代わりに行ってくれる示談サービスなどが存在します。また事故にかかわらずロードサービスも付いている自転車保険があります。

» 詳細はこちら

子供の自転車保険

保険のプロフェッショナル

自転車の事故で、子供が加害者となるケースが急増しています。子供の危機管理能力は大人に比べて非常に乏しいものになります。そのようなことが起きた場合のために自転車保険は必要と言えます。

» 詳細はこちら

保険の加入の意味

捺印する

保険に加入すると精神的な余裕が生まれます。万が一の時に保証ができるため金銭的な余裕もでき、加入するべき保険というのもいくつか存在します。例えば生命保険等があるでしょう。

» 詳細はこちら